活動報告「座学」


10月28日(日)、会場の都合での第5月曜日の開催、先月台風での座学延期とが重なり、トレーニングを挟まずの座学連続開催となりました。

昨日は体験入会の選手が2名参加してくれました。

そして講義内容は、何度も何度も基本的なポジショニングの確認から。なかなか他のメンバーにも納得いくような説明が出来ませんが…論理的にものごとを整理して伝えていく力を付けていきましょうね。

さらにはドイツでは当たり前のように言われている“仮ゴール”の話、そして休憩を挟んで試合全体を通して関わり続けること、その際のポジショニング、それは何故なのかをみんなで意見を出し合いながら進めました。

試合の瞬間瞬間でどこを守るのか変化していきますが、ゴールキーパーは常に「次に何が起こりそうか」というサッカー理解がとても重要になってきます。ここの部分は年代関係ありません。もちろんはじめは感覚的なものも大切にしながら、そこから自分自身に論理付けをしていきながら、質の高いサッカーへの関わり方を身につけて行ってもらいたいですね!

DGNゴールキーパースクールは、ゴールキーパー仲間を大募集してます。まずは無料体験に参加してゴールキーパーだけのトレーニング環境へ飛び込んでみませんか?

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA