活動報告「座学」


10月7日(日)は前の週に台風で延期になった座学の振替を行いました。

試合の中でゴールキーパーが行う3つのプレー、シュートストップの際のポジショニングなど、基本的な事を発表してもらいました。その後は前回、前々回のトレーニング映像を振り返り、実際のプロ選手のプレーと自分達のプレーを映像で比較しながら、タイミング、プレジャンプの必要性を考えていきました。

そして、休憩を挟み、新しい知識として、ゴールキーパーが直接プレーに関与していない時のポジショニングのレクチャーを行いました。

直接ボールに関わっていなくても、ボールがどこにあって、どちらのチームがボールを保持しているのか、ボール保持者の状況はどうなっていて、次に何が起こりそうかを予測しながら、どこにポジションを取るべきかを判断していくのがサッカーであり、グランド内でその状況を一番把握できるポジションがゴールキーパーです。

常にゲームに関わり続けられ、チームの勝利に大きく貢献出来るゴールキーパーを目指して行きましょうね!

DGNゴールキーパースクールでは、ゴールキーパーとしてだけではなく、サッカープレーヤーとして「何故ならば」を大事にゴールキーパー育成を行って行きたいと考えております。

最後は少しだけ栄養学のお勉強も!食べる事もトレーニングです。ゴールキーパーとして、身体は大きい方が有利であることは間違いありません。この年代から食事への意識を向上させ、当たり前の事として習慣化していけるようちょくちょく座学でも情報提供をしていきます!

そして、川崎から世界へ羽ばたけるゴールキーパーを育成出来る環境を創り上げる為、来年からは新しいコースも増設予定です。

DGNゴールキーパースクールはまだまだゴールキーパー仲間を大募集しております。是非一度体験にいらして、ゴールキーパーだけの環境へ飛び込んでみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA