ローリングダウンからダイビングへ発展させるには?


やはりゴールキーパー選手の醍醐味といえばシュートを止める事ですよね!

シュートをカッコよくダイビングキャッチすることに憧れを持っている選手も多いと思います。

しかし、よくチームの監督、コーチから「ダイビングよりステップを使って体の正面で取れー!」と言われたことはありませんか?

多くの指導者はゴールキーパーがなるべくダイビングしないで身体の正面でボールをキャッチすることが重要なことは知っています。

でも、全てのシュートをステップを使って身体の正面で取れるわけではないですし、ステップを使って必要以上にボールを追うことで、防げるシュートも防げなくなっている事も多々あります。

ゴールキーパーとして重要なことは、より安全、確実にシュートを防ぐこと!!

DGNゴールキーパースクールは、U12(小学5、6年生)からどんどんローリングダウン、ダイビングもやっていきます。

基本ドリルから、まずステップを使って重心移動させる動作の獲得を!!

まだまだステップを踏んだ動きの中では正確にできませんが、継続していきましょうね!

ステップとローリングダウンを繋ぎ合わせたトレーニングも行いました。

自然と身体が動くように徹底的に反復トレーニングを!

選手は気付いていないかも知れませんが、「ゴールキーパーだけが集まる環境」にいると、周りも上達してくるため自分自身が特別上手くなったとは感じませんが、確実に力は付いていきます!

気が付いたら今まで止められなかったシュートを止められるようになっていますよ!!

まずはゴールキーパーだけの環境で技に磨きをかけませんか?

DGNゴールキーパースクールは、そんな仲間を大募集しています!

まずは体験に来てみませんか!!

下記フォームから


※携帯アドレスの方はdgngks2018@gmail.comからの受信解除設定をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA