ジャンプキャッチをマスターしよう!


小学生のGK選手に多い失点パターンは…

頭上を越えていくシュートでの失点が多いですよね。

身体のサイズに比べてゴールが大きいことで仕方のないこともありますし、どう考えても無理なシュートもあります。

しかし、頭上のボールに対するトレーニングはこの年代にこそ積み重ねていく必要があります!

『空間認知能力』、視覚から入ってきた情報(ボールがどこに落ちてくるのか?)を認識して、調整する力(落下地点に動くこと)は、中学生や高校生よりも、この小学生年代の方が大きく伸びます!

止めることができないこともありますが、苦手意識を無くして、高いボールを取ることの楽しさを身に付けていきたいですね!!

4月3日(金)にも川崎多摩コースは体験会を実施予定です。

まずは体験会にいらしてゴールキーパーの楽しさを実感しませんか!!

気になる方はお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA