シュートストップにとって大事なこと!


最近のゴールキーパーはゴールを守ることだけでなく、後方でのパス回し(ビルドアップ)を出来る事も重要視されてきていますね。

しかし、ゴールキーパーを目指す選手は後方でのパス回しをやりたくてゴールキーパーをやってるのでしょうか?

やはり、最後は決定的なピンチを防ぐことが一番の喜びの選手が多いと思います。

年代は上がるにつれ、ゴールを守ることのできるゴールキーパーが重要になってくることは間違い無いですね!

では、小学生年代に出来るシュートストップを行う際に大事な技術の一つは『ポジショニング』です!

ポジショニングで最も身に付けたいことは、シュートコースに対して「真ん中」がどこかを知ること!

そして、それがプレーの流れの中で常にできるようになることです。

この「シュートコースに対して真ん中に立つ」こと。

これは、選手の感覚的なものだけに頼っていても、なかなか身につくことはできません。

ポジショニングを習得するには、適切な指導が必要になりますね。

「いつ」「何を」「どのように」確認して、正しいポジショニングを身に付けていくのか!

中学生年代にゴールの大きさ、グランドの大きさが変わりますが、理屈は同じです!

DGNゴールキーパースクールは、まだまだ新しいゴールキーパー仲間を大募集しています!

ゴールキーパーの専門トレーニングに興味ある方は、ゴールキーパーだけの環境に飛び込んできませんか!

まずは体験入会にお越し下さい!お待ちしてます!!

下記フォームから


※携帯アドレスの方はdgngks2018@gmail.comからの受信解除設定をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA