シュートを打たれる前にスペースを守る!クロスボールに強くなる為には!!


小学生年代のGK選手は「クロスボールが得意な人〜」と質問すると、ほとんどの選手は「苦手」と答えます。なぜでしょうか。


答えは、ほとんどトレーニングしていないからです。。。

小学生年代では、どのような段階を踏んでトレーニングしていけば良いのでしょうか?

3月25日(月)はクロスボールのトレーニングを行いました。

まずは、各自ウォーミングアップをした後、基本技術である「オーバーハンドキャッチ」、「アンダーハンドキャッチ」、「ジャンプキャッチ」、「パンチング」を行い、再度ジャンプキャッチのキャッチポイントの確認をしました。

まだまだ、肘が曲がって高いポイントで取れていませんが、意識して修正していきましょうね。

そして、次は実際浮いているボールに対してタイミングを合わせてジャンプキャッチ!

あまり細かくなり過ぎず、小学生年代では多くのチャレンジをして、成功した感覚を体験することが大事ですよね!

何度も何度もトライして、高いポイントでキャッチできた感覚を大事にしていきましょう!

そして、次はクロスパンチを行いました。

実際の試合では全てキャッチングできるわけではないので、とても重要なテクニックになりますね。

最終的には両手でできなければいけないのですが、まずは利き腕を上手にできるように。利き腕でうまくいく感覚をつかめないまま逆の腕でトレーニングするよりも、まずは利き腕を出来るように!

そして、最後は実際のゴールを背にしながらボールの状況を把握して、キャッチかパンチングかの判断をしながら。

タイミングよく、パシッとキャッチできたときは気持ちがいいですよね!!

こちらも最終的には左右ともに出来なければいけませんが、まずは得意な方向からのボールは完璧にできるようになりましょうね。

踏み切る足にも利き足があります。※蹴る時の脚とは違う場合もあるので、自分自身がどちらが得意で、どちらが苦手なのかを知ることも大事ですよね。

得意な方向はどんどん伸ばしていきながら、苦手な方向も少しずつ克服していきましょうね!

その日だけでも、ボールの落下地点、キャッチポイント、空中姿勢が改善されている選手もいました。

ゴルデンエイジは本当に新しい動作の習得が早いですね。

この年代に、正しいフォームを身に付けることができれば一生忘れることがないくらい、今覚えたことは身体に染み付いていきますね。

『いつからゴールキーパーをトレーニングする習慣を始めますか?』

DGNゴールキーパースクールは、いつでも体験入会を受け付けています!

ゴールキーパーだけの環境に飛び込んできませんか!!

体験入会は下記フォームよりお問い合わせ下さい!



※携帯アドレスの方はdgngks2018@gmail.comからの受信解除設定をお願い致します。

※お問い合わせいただきましたら、24時間以内に必ず返信をいたします。返信がない場合は、迷惑フォルダに振り分けられている可能性もございますので、ご確認ください。まだ、携帯アドレスからお問い合わせいただく場合は下記メールアドレスからの受信設定を許可していただきますよう、お願い致します。

Mail:dgngks2018@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA