シュートを受ける前にやるべきこと!


先週は大テーマは『シュートストップ』!

その中でも、シュートストップ をする前に行う「ポジショニング」に関してトレーニングを行いました。

まずはU10年代でとても大事な手を使ってのボールフィーリングからキャッチングの基本ドリルを!

やっぱりゴールキーパー選手はボールを取ることが大好きですね!

ただ取るのではなく、1つ1つのフォーム“形”を大事にしながら、繰り返し繰り返しですね!

身体も頭も温まってきてから、基本ドリルからの流れでポジショニングに関してゴールエリア、PKスポット、ペナルティエリアなどの目印をつけて解説、実践していきました。

特に小学生の試合って、「どこ守ってんの〜」という声をよく聞きます。。。

そうです、、、ゴールをガラ空きにして必死に構えていることありますよね。

想像するだけでも、ベンチの監督・コーチの「キーパーポジション!」の声や、ご父兄からの悲鳴が聞こえてきそうですが…

後に目があるわけではないので、ボールを見ながらゴールの位置を直接目で見て確認することは不可能ですが、それでもGKは正確にポジションを取り続けなければいけないポジションなんです。

常日頃、小学校のグランドなどでゴールを背にしてトレーニングをして入るものの、毎回しっかりコートの線を引いてトレーニングするチームも少ないのではないかと感じています。

先週は、 グランドのどこにボールがあって、どこからシュートを打たれるから、ゴールキーパーはゴールを守るために「どこに立つべきか!」を、シューター目線でも確認しながらトレーニングをしました!

その為の移動方法も少し触れながら行いましたね。

さすが、小学生は吸収が早く、すぐに出来るようになっていました!

あとは、小学生選手は忘れることも得意です。。。

トレーニング日誌に記録を残しながらコーチに教えてもらったことを積み上げていきましょう!

DGNゴールキーパースクールは、まだまだGK大好きな選手を大募集しています!

まずは体験入会をしてみませんか?

ご興味のある方は下記よりお問合せ、ご質問をお待ちしております!

お問合せは下記フォームから



川崎中原コース川崎多摩コース横浜東戸塚コースパーソナル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA