ゴールキーパートレーニングを習慣に!


試合終わった後、監督・コーチから「あれは止められると思うんだけどね〜」、「あれを止めてこそ守護神だよね」、「あのシュートは止められる能力あるはずだけどね〜」と言われたことはありませんか?

ゴールキーパーに求められる能力は日に日に高まってきています。

自陣からボールを丁寧に繋いていくビルドアップ能力、一気にカウンターを狙えるロングフィード能力、サイド攻撃に対するクロスボール対応、押し込まれても安心できるシュートストップ能力、決定的なピンチを防ぐための1対1の能力。。。

このような事を試合でいきなりやれと言われても出来るものではありませんよね。

では、様々なシーンにおけるゴールキーパーとしてのトレーニングをチームでしてますか?

1学年にGKが1人、2人しかいなくて、ゴールキーパーコーチも来たり来なかったりの環境で、いつトレーニングしますか?

今後の日本サッカーの最大の課題はゴールキーパーの強化だと言われてますが…

ゴールキーパーだけが集まり、日々切磋琢磨する環境は今後の日本サッカーにおいては必要不可欠ですね。

10月1日(火)U10コースは基本ドリルから1対1のフロントダイブテクニックに触れた後にゲームを行いました。

小学3、4年生ですから、当然全てのテクニックを完璧に出来るわけではありませんが、確実にゴールキーパーの動きになってきているなと感じています。

GKはコツコツとトレーニングを積み重ねた選手が必ず上手くなるポジションです。

一つ一つ積み上げていきましょうね!!

DGNゴールキーパースクールが気になる方は、まずは体験入会へ!

お問合せは下記フォームから!


※携帯アドレスの方はdgngks2018@gmail.comからの受信解除設定をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA