ゴールキーパーの最高の魅せ場、1対1を制するXブロック!


ドイツ代表であり、FCバルセロナのGKテア・シュテーゲンは言っています。

『最近ではGKの足元の技術に注目する人が多いが、GKとして最も重要なことは、シーズンの中で試合の勝敗を左右する1対1を止めるか止めないかがゴールキーパーとしての価値だ』

日本国内では、GKから丁寧にビルドアップしていくことが素晴らしいことだという認識が強く、ゴールキーパーにも足下の技術を求める声は高まって来ていますよね。

しかし、ゴールキーパーとしての最も重要な仕事は「ゴールを守る」ことです!

1試合の中で決定的な1対1を止めることができるGKなのか、そうでないのかで、GKとしての価値は大きく変わっていきます。

9月17日(火)U12コースは1対1の「Xブロック」を行いました。

まだまだ身体も硬く、しっかり脚を広げることが出来ませんでしたが、Xブロックは試合の中で、特に相手チームに追い込まれている時、カウンター攻撃を受けてしまった時など、1対1のシーンでは非常に多く使うテクニックになります。

実践の中で正しくテクニックを発揮できる様に、定期的に導入していきましょうね!

U12コースは、今後のU15年代への入り口として非常に大事な時期になります。

また、人生の中で最も動作の習得が短期間に行うことのできる”ゴールデンエイジ”にあたりますので、この時期にどれだけ真剣に正しい動作の習得を行うことができるかで、ゴールキーパー人生でかなりのアドバンテージを得ることができます。

GKを大好きでい続けるには、「出来ること」が増えて行くことも大事な要素ですので、個々の意識をあげて、楽しく真剣に取り組んでいきましょうね!

ゴールキーパースクールが気になる方は、下記フォームよりお問い合わせください!


※携帯アドレスの方はdgngks2018@gmail.comからの受信解除設定をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA