ゲームで良いプレーをするには、どのような準備が必要になるのか!


決定的なピンチをファインセーブで防ぐのはゴールキーパーとしての一番の醍醐味ですよね!

もちろんいくつかのファインプレーは偶然止められたものもあるかもしれませんが、ほとんどのファインプレーには理由があります!

その理由を知っていれば、ファインプレーでたくさんチームを救うことができるようになりますよね!

ゴールキーパーの基本技術はボールに対するプレーだけではないんです!!

4月23日(火)、U10コースはボールフィーリングの後にキャッチングテクニックの一つ「オーバーハンドキャッチ」を行いました。

ゴールキーパーのテクニックでは必須のものです。

ただ、この年代はボールに対して手が小さかったり、腕が短かったり、ボールを掴む握力も弱かったりで、なかなか上手には掴むことはできません。

この年代では出来る出来ないではなく、とにかく正しい動作を身に付けて欲しいですね。

そして次にボールに対してスムーズに身体が動くなるようなトレーニング!

このテクニックを覚えるだけで、劇的にボールへの反応が良くなるんです!!

そして次は「ボールはお友達!」ではなく『地面はお友達!!』になるローリングダウンの基本である身体の側面で受け身を取るトレーニングを行いました!

初めは地面、怖いですよね。。。

でも地面を怖がっていたらゴールキーパーは務まりません!

地面が怖いのは、着地するときに”痛い”から。。。

上手に受け身を取ることが出来れば、痛くないですよね。

今のうちに地面に倒れる際の痛くない受け身を身に付けておくことは、今後のゴールキーパーとしてトレーニングに取り組みには重要な要素となりますので、毎回取り入れていきましょうね。

最後はゲーム!!

やはりゴールキーパースクールとはいえ、サッカーですから!ゲームの中でゴールキーパーに起こる現象の中でトレーニングすることはどの年代には大事ですね!!

そして、U10コースが終わりU12、U15年代のトレーニングへ。

この年代は、自主的に基本テクニックのドリルを行い、ゴール前での基本テクニックの確認。その中でも、プレーをより確実に実行できるよう「プレー前の準備」が必要な設定の中でのトレーニングになりました。

まだまだ、頭の中が連続できていないのか、一つ一つのプレーを中断させてしまう癖がありましたね。

サッカーは絶えず連続しているスポーツです。

速いテンポの中でも、正確な判断、正確なプレーを実行できるようにトレーニングしていきましょう!

2019年度は、念願のグランドでのスクール活動になり、新たなコース(学年)へのチャレンジもしております!

日本のゴールキーパーが世界で活躍できるレベルになるよう、もっともっとゴールキーパーが好きな選手が増えてくれる為に、DGNゴールキーパースクールはまだまだゴールキーパー仲間を大募集しております!!

まずは一度体験入会へお越しください!ゴールキーパーの奥深さ、面白さを一緒に体験しましょう!


お問い合わせは下記フォームから


※携帯アドレスの方はdgngks2018@gmail.comからの受信解除設定をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA