キャッチできなかった後のリカバリー、セカンドアクションとは?


ゴールキーパーはすべてのボールをキャッチできるわけではありません。

キャッチ出来なかったボールへアタックするための起き上がり方(セカンドアクション)の習得を行いました!

ゴールキーパーとして打たれたシュートをキャッチ出来ることがベストですが、キャッチミスをしてボールをこぼしてしまう事もありますよね。

その為のリカバリーとしてのセカンドアクションテクニックを習得しました。

まずは2人組でのウォーミングアップを兼ねた基本技術、特に膝から下の正面付近に打たれた低いシュートに対するキャッチングテクニックを復習しました。

移動した方とは逆側の足側面の向き、膝の位置などを意識して技術の修正を行っていきました。

そして、次はプレジャンプの後にグランダーキャッチを!実際のゲームではシュートを打たれる前にタイミングをとりますよね。

タイミングを取りながら、プレジャンプの反動を使ってプレーの初動動作を意識しました。どのように身体をボール正面に運んで安全確実にプレーできるように基本の反復ですね!

それを基に、次はプレースピードも意識して素早い動きの中でも正確なプレーができるように!

必ず毎回トレーニング時間の約半分を使って、基本テクニックの習得を目指して、自然に正確な動作ができるように繰り返し繰り返し行っています。

そして次はセカンドアクションの習得。

コーチからセカンドアクション(起き上がり方)の基本的な説明を受けてから、反復トレーニング。

その後は、グランダーダイビングを混ぜてのゲームに近い状況を設定しての技術トレーニングを!

ダイビングした方向へのボールを弾いて(こぼして?)しまった後に再度ボールに対してアクション!

無駄な動作をしてしまうと、相手選手に先に触られ失点してしまいます!

いかに少ない動作で、素早くボールアタックできるか!

その為の身体の動かし方を繰り返し行いました!

ゴールキーパーは他のフィールドプレーヤーとは異なり、ミスをしてはいけないポジションであり、その分やりがいもあるポジションです。

しかし、当然ミスをしないゴールキーパーはいません。

大事なことはミスをしてしまった後に、いかに失点をしないためにリカバーリーできるかどうか。

その為の『セカンドアクション』は技術の一つです!!

繰り返し繰り返し行うことで正確に素早い動作を習得することは可能です!

DGNゴールキーパースクールは、まだまだ新しいGK仲間を大募集してます!

まずは体験を通してGK仲間と切磋琢磨できる環境に飛び込んでみませんか?

体験入会の日程や、その他質問なども随時受け付けております。


※携帯アドレスの方はdgngks2018@gmail.comからの受信解除設定をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA